株式会社 JAPANCREATE -ジャパンクリエイト-

japan create group/ジャパンクリエイトグループとは

ものづくりの原点 それは欲しいものを作ること

価値ある商品をお届けするには…。会社創立当時から常に念頭に置いてきたテーマです。 第一に、顧客満足度を上げる商品。ITを駆使して、綿密な市場調査を実施し、自社独自のマーケティングノウハウを構築してきたことが、他社には無い、JCグループ/ジャパンクリエイトのオリジナリティを保つ所以です。 第二に、利益の追求だけに暴走せず、社会貢献の視点も忘れないこと。業界での様々な常識を見直すことで、コスト削減を実現し、高品質を低コストでご提供することを実現いたしましたが、同時に、無駄を省くという概念を再認識することもできました。商品開発に当たっては、無駄を省くことで、環境問題にも貢献できます。そして、ものづくりを担う私達がこれから最も考慮しなければいけないことではないでしょうか。 高品質、低価格、環境にやさしい、安心感のある商品をご提供すること。それが、「価値ある商品をお届けする」ということであり、またJCグループ/ジャパンクリエイトの今まで、そしてこれからのものづくりにかける姿勢です。 JapanCreateGroup/ジャパンクリエイトグループは、"地球温暖化を防ごう!チームマイナス6%"と植林事業の"TEAM照志樹"に参加しています。また、地球に優しい新素材の開発を行っています。

グループ概要

本社 〒802-0001 福岡県北九州市小倉北区浅野3-5-1 / 1F ショールーム有り 支社 〒803-0018 福岡県北九州市小倉北区原町2-9-7 代表者名:代表取締役 井村 唯志 創業:平成12年1月1日 / 設立:平成13年5月1日 資本金:10,000千円 決算期:4月 従業員数:12名(グループ全体40名) 事業内容:家具事業(ソファ・ベッドの企画、製造)健康事業(健康器具の企画・卸)家電事業(量販店向け家庭用製品の卸) 生産商品:輸入家具・世界家電・玩具・通信関連機器・健康食品・医療器具・携帯電話付属品・日用雑貨 海外工場:日本・イタリア・中国・台湾・香港・ベトナム 取引銀行:福岡銀行・三井住友銀行・JNB

JCマーケティング - 我々が目指すのは、お客様との「共同ブランド確立」

JCマーケティング部では、様々な分野の最新情報を独自にデータ化することで、お客様のお声を商品化します。 価値のある商品を目指して、安全性を維持させることを重視します。皆様に愛される商品となる為に、一つ一つの商品に愛情を持って接し、時には悩まされ、時には感動を与えられ…。 手塩にかけた雛鳥のような商品が、社会へ羽ばたいていく気持ちで、日夜新しい商品を探求していきます。

JCプロダクト - JCのマルチ生産と信頼の品質

従来の低コストは大量生産に拠ってもたらされました。そこで、JCは海外において独自の生産ラインをシステム化し、小ロットからの生産でも低コストに抑えることを実現しました。 しかし、その実現までには多くの失敗と苦労の日々が続きました。 機械任せの大量生産ではなく、検品担当者が各現地工場に入り、生産過程の横で確認します。自社海外倉庫に運び込み、再度検品を行います。生産過程、検品過程、梱包過程と確認が終了したものだけが、出荷可能な商品となります。 手間と時間をかけたアナログ作業が、JCのマルチ生産システムと品質管理を維持し、「まごころをお届けしたい」の気持ちから、低コストで高品質な商品を生み出すのです。

JCロジスティック - 常識を見直すことから生まれた低コスト

第一に、大型商品を大量在庫する為の倉庫を海外へ、また受注発注をインターネット上でシステム化することで大幅なコストダウンを実現しました。 第二に、在庫や発注管理を国内の物流管理部で行うことで、より速く、低コストなミニマム混載を実現しました。生産管理、在庫管理、出荷管理を見直すことで無駄を省き、より低コストで、細かな要求にも応じられるシステム作りが可能になったのです。

JCカスタマーサービス - お客様の声から学ぶ姿勢

ご購入いただいたお客様全員に喜んでいただけることが、私達の願いです。 しかし、残念なことにお客様からお叱りのお声をいただくこともございます。 誠意の伝わるカスタマーサービスである為に、私達は次のことをお約束いたします。

私達は、良い商品と共に、安心感を皆様にお届けすることを目指しています。

プロジェクト - お客様との共同ブランドを確立

マーケティング部や、製品管理部、カスタマーサービス部などから集まってくる情報を、企画部で実現化します。 どのような商品がどのくらい売れるのか、具体的な戦略を立てていく部署です。 昨日のひらめきや、今日の決断が多くのお客様の笑顔を生み出すことができるのです。

システム開発 - オンライン受注システムなど

ECシステム、お客様サポートシステム、求人システムなど、確実な管理、スピーディーな対応に加えて、明日のサービスを可能にすることのできるシステム開発部では、深い知識や、長年の経験だけではなく消費者の視点と経営者の視点が必要です。 コストや業務の削減を可能にすることで、会社を飛躍的に前進させることができる唯一の部署です。 あなたのアイデアが会社の、市場の明日を変えていきます。

社会貢献 - JCのものづくり

JapanCreateGroup/ジャパンクリエイトグループは、社会貢献の一環として、"地球温暖化を防ごう!チームマイナス6%"と植林事業の"TEAM照志樹"に参加しています。 また、地球に優しい新素材の開発を行い、環境にやさしい、安心感のある商品をご提供しています。 それが、「価値ある商品をお届けする」ということであり、JCグループの今まで、そしてこれからのものづくりにかける姿勢です。

製品情報

事業内容

事業内容

生産貿易卸売、小売、サイトの制作、システム開発、DTP、リノベーション、海外コンサルなどなど、国内に留まらず、さらに幅広く成長していくJCグループの事業を紹介いたします。

海外生産

安心で安全な品質と安定納期

輸入商品の最大の問題は不良と欠品と過剰在庫。これは全ての輸入商品を取り扱う会社の永遠のテーマと思います。 これらを解決すべく私たち 開apan Create /ジャパンクリエイトは海外物流倉庫を構え、法人化された子会社の管理下で全量検品の結果、良品と判断された商品群だけを随時入庫させ、必要な時に必要な数量を提供させて頂いています。 また更なる品質向上のために研修制度を設け、品質管理スタッフを定期的に日本へ招き、ここで得たノウハウを元に日本基準と海外基準をイコールとする努力を行っています。 更には専門商社としてあらゆる取引条件に対応可能(海外渡し〜宅配まで)で、お客様にとって最も効果的な仕入れ方法を提案させて頂き、在庫問題、欠品問題の解決のお手伝いをさせて頂いています。

貿易

貿易上のトラブルに対応

開apan Create は専門商社として貿易に関わる業務全般を処理しており、更には子会社である現地法人との連携であらゆる貿易上のトラブルに対応可能です。 @ 商品・仕入れ先の選定 ↓ どんな商品を輸出入するか?消費動向やマーケティングなどを元に商品   を決定し、その商品の仕入れ先を探します。   また、その商品が各国の各種法令の対象となるか?   関税がいくら係るか?などもチェックしなければなりません。 A 契約交渉・締結 ↓ 仕入先と売買条件(商品の引渡し場所、金額など)の交渉を行います。   国内仕入れとは全く異なり、長距離の輸送となるため、万が一のトラブ   ルの責任分担の事前検討が必要です。 B 輸送方法の確定・保税地域への搬入 ↓ 通関業者を通じて、船舶の予約など、輸送手段の確定を行います。更に   輸送中のトラブルに備え保険付与を行います。   準備が整え輸出入通関のために保税地域へ荷物を搬入します。 C 積み込み・通関・輸送 ↓ 一般的には輸出者が商品の積む込みや輸出通関を行い、輸入者が輸入通   関手続きを行います。輸入者は税関からの輸入許可が出た時点で国内貨   物として輸送が可能となります。(【注】取引条件による)

D 代金決済・商品の引き取り   輸入者は商品代金を支払い荷物を引き取りますが決済のタイミングは前   払い、L/C決済、後払いなど契約条件によって異なります。   前払いの場合は商品代金回収までに半年以上かかることがあります。

ドロップシッピング

登録無料でどなたでも!

ネットショップやオークションの仕入れにお困りではありませんか?仕入れた商品の販売数が伸びず、不良在庫を抱えてしまった経験はありませんか? リスクを冒して在庫を持つ時代は、株式会社ジャパンクリエイトのドロップシッピングサイト「CYBER」(サイバー)が終わらせます。 ドロップシッピングとは「商品を持っていなくても、その商品を自由に販売することができる、在庫リスクのないショップが出来るシステム」です。 ドロップシッピング、利益を生み出す4つの特徴 ・仕入れる必要がなくなるので、リスクが少なくなる ・梱包、発送などを行う必要がないため、ショップの運営に専念できる ・自分で価格を設定することができるため、プロモーション手法に応じた価  格設定をすることができる ・豊富な商品が取り揃えられているので、選択肢が多い 登録はどなたでも簡単に、無料で行うことができます。注文が入れば、あとは私どもが責任を持って商品を発送致します。 また我社では過去の豊富な経験と実績を活かし、サイト運営や販売手法に関して適宜アドバイスを行っております。

卸売り

納得して、喜んで買って頂けるか?

欲しかった商品を欲しい時に、納得して、喜んで買って頂けるか?これはリアル店舗でも、カタログ販売でも、TV通販でも、ネット販売でも、どんな販路でも同じはずです。 消費者目線で考えて・・・ 安くて良い商品を安心できる品質と安定した納期で仕入れられないか? マーケットを見回して・・・ 今、売れる商品はなにか?これから必要とされる商品はなにか? 競合先との差別化のために・・・ 他社にない商品、チャレンジできる商材は作れないのか? どんなに素晴らしい商品でも・・・ 導入のタイミングを誤った結果、なかなか売れなかった経験はありませんか? 私たち 開apan Create / ジャパンクリエイト はこれらをお客様と一緒に考え、最も適したアイデアと商品を提案いたします。

サイト制作

サイトを「育てる」

初めてホームページを用意する中小企業の方へ

ジャパンクリエイトでは初めてホームページを持つ中小企業、小売店の皆さまには2ステップの制作方法をお勧めしています。 どのようなステップかというと、

1. 金額の安いプランで「会社の情報」と「目玉商品」を告知、「問合せ先、連絡先」を掲載する 2. ある程度のアクセス数と「反応」があることを見込んでサイトのデザイン込みでリニューアル。このとき、お客様がまた戻ってくる仕掛けを作る。

以上のステップでサイトを育てて行くことをお進めしています。 ジャパンクリエイトのプランで言えば、最初に「まずやってみる」プランでホームページを立ち上げます。 ある程度お客様を集められそうになったら、より詳しい解説や、オリジナルデザインを加えて更に訴求力を上げて行きましょう。申込がふえたところで、データ収集にやりやすいプログラムを導入。というような次第です。

なぜ、このようなステップで作るのか。それは、 「WEBを作ったからといって必ずお客が来るものではない」 「費用を払えば、人は集まるという事はうそ」 という事実があるからです。

例えば、ショッピングモールの最大手、「楽天」様でも毎年2割以上のショップを続ける事ができずに撤退なさる販売店がいるとの話。たとえ大手のショッピングモールに入っていても、自社の独自性を謳える、商品を伝えるしっかりとした素材を用意しないと、お客様は目にも留めてくれないのです。

また、お客様は来てくれたからといって買ってくれるとは限りません。ホームページでの販売は対面商売と違い、”文章”でお客様を説得していかなくてはいけません。お客様がお金を払っても良い、そう思うくらい”文章”を煮詰めていく作業が必要になります。 そして、お客様が買っても良い、お金を出しても良いという”文章”ができ上がったときに、収益が入ります。収益が入ったとき、初めてその会社だけの「デザイン」を加えてより信頼性の高い、お客様に一瞬で認識してもらう”安心できる”サイトデザインを用意しましょう。

サイトは一度作っておしまいというものではありません。規模、必要性に応じて少しずつ増強していきましょう。

それでは、最初の段階で必要なページとはなんでしょうか? サイトの必要な構成は以上の4つです。

1. 購入元の企業が安心して購入できる企業かを証明するページ 2. 販売している商品は何かを具体的に紹介しているページ 3. 商品を購入すると、どのようにお客さんにとってプラスになるかを紹介するページ 4. 商品の問合せ、注文のページ

以上です。

思ったより少なくてびっくりしたはずでは。 基本的に大きなページといえども、全てこの延長線上に過ぎません。 まず、最小限で初めて、確実に利益を得てから次のステップで行く。 着実な方法で確実に育てていく。案外遠いようで確実な戦略と思います。

システム開発

確実な管理、スピーディーな対応に加えて、明日のサービスを可能にすることのできるシステム開発部では、深い知識や、長年の経験だけではなく、消費者の視点と経営者の視点が必要です。 コストや業務の削減を可能にすることで、会社を飛躍的に前進させることができる唯一の部署です。 あなたのアイデアが会社の、市場の明日を変えていきます。

デザイン・印刷

チラシデザイン・パンフレット作成等、JCグループではデザインから印刷までトータルに制作しています。 フライヤー、会社案内、ショップカード、DM、チケット、リーフレット、冊子等の制作も承っております。 大切なことはその商品を使用したり、サービスを利用することによって、お客様に満足感をもっていただけること、必要性を感じていただけるよう、明確にビジュアルに伝えることです。 初めてチラシを作成したい方、他社での制作に満足のいかなかった方、企画・立案等販促物のことなら何でもご相談下さい。

リノベーション

リノベーション「Renovation」とは英和辞書を引くと「改善」や「修復」を意味し、リフォーム「Reform」と言葉の意味で大きな差は見られません。 日本では風潮として、デザイン性を重視したリフォームのことを「リノベーション」と呼ぶことが多い現状です。何を持って「リフォーム」と「リノベーション」は区別されるのでしょうか。 リノベーションとリフォームは全く違う言葉というわけではありません。 我々はこう区別をしています。 「リフォーム」は現状回復をベースとした『修復』 例えば壊れたキッチンを新品に取り替えたり、汚れたクロスを貼り替えるのは「リフォーム」にあたると教えます。 「リノベーション」はリフォームの役割に「安心・安全」と「付加価値」を追加した『再生』と位置づけられます。 決して安くはない施工費用を住まいへの投資と捉えると、「検査」によって建物の安全性を事前に確認、把握しておくことにより、施工が完了してから間もないうちに水漏れなどのため、費用がかかってしまうような事態は避けられます。「リノベーション」にはデザインによる付加価値の創造と建物自体の安全性を再構築する2つの要素が必要だと考えます。

販促グッズ生産

コンセプトに沿った販促用ノベルティの企画を立案し、自社生産商品を中心に具現化していきます。 企画の打合せからプロモーションまでの間を自社内で行う一括管理で、予算・ アイテム・納期の3つの要望にお応えします。

海外コンサル

BtoBビジネス支援の中でも海外事業の支援、貿易、輸入など 海外支援をコンサルタントしております。 海外進出をお考えの企業や輸出入を検討されていらっしゃいます企業は、 ぜひお問い合わせ下さい。

求人情報

JAPAN CREATEグループでは、業務経験・専門知識を生かした「即戦力人材」を募集しています。 日本・中国・香港をはじめグローバルなフィールドであなた自身を試してみませんか? JAPAN CREATEグループでは更なる飛躍を目指す人材を求めています。 お問い合わせはお電話、メール、もしくは当サイトお問い合わせフォームにてお願いします。 TEL:093-533-3277(代表) FAX:093-533-3248 MAIL:jc@japancreate.jp JCグループ総務宛

オンライン発注

オンライン仕入れサイト - CYBER

ネットショップやオークションの仕入れに最適な、「巨大仕入れ専門サイト CYBER(サイバー)」を運営しております。 ドロップシッピングと呼ばれる、「商品の在庫を抱える事なく、商品を自由に取り扱えるとても便利なシステム」を採用しており、登録無料でどなたでもすぐに個人店舗として営業が始められます。 ソファーベッドやスツール、テーブルといったインテリアや、新聞・テレビなど、数々のメディアで取り上げられたアルコール検知器ソシアックなど、高品質・低価格で魅力的な商品の数々を取り揃えております。

      ⇒ オンライン仕入れサイト CYBERへ行く

お問い合わせ

JAPAN CREATE inc.

〒802-0001福岡県北九州市小倉北区浅野3-5-1 TEL:093-533-3277 FAX:093-533-3248 MAIL:jc@japancreate.jp